English Page

HASC チュートリアル 2013

@京都

@熊本

@名古屋

HASC 関連論文

  • 河口信夫.:人間行動理解のための装着型センサによる大規模データベース構築にむけて, 情報処理学会マルチメディア分散協調とモバイル(DICOMO 2010), pp.579-581, 2010.
  • Kawaguchi, N., Ogawa, N., Iwasaki, Y., Kaji, K., Terada, T., Murao, K., Inoue, S., Kawahara, Y., Sumi, Y. and Nishio, N.:HASC Challenge: Gathering Large Scale Human Activity Corpus for the Real-World Activity Understandings. Proc of ACM AH 2011, pp.27:1-27:5, 2011.
  • Ogawa, N., Kaji, K. and Kawaguchi, N.:Effects of Number of Subjects on Activity Recognition - Findings from HASC2010corpus. Proc of 1st International Workshop on Frontiers in Activity Recognition using Pervasive Sensing (IWFAR2011), pp.48-51, 2011.
  • 河口信夫, 小川延宏, 岩崎陽平, 梶克彦, 寺田努, 村尾和哉, 井上創造, 川原圭博, 角康之, 西尾信彦.:HASC Challenge2010 :人間行動理解のための装着型加速度センサデータコーパスの構築, 情報処理学会マルチメディア分散協調とモバイル(DICOMO 2011), pp.69-75, 2011.
  • 小川延宏, 梶克彦, 河口信夫.:HASC2010corpusを用いた被験者数と人間行動認識率の相関分析. 情報処理学会 マルチメディア 分散 協調とモバイル (DICOMO 2011), pp.76-82, 2011.

HASC Challenge 2010

HASC チュートリアル 2010

  • Activity Recognition 関係の国際研究動向(1)(東京大学 川原圭博) 資料はこちら
  • Activity Recognition 関係の国際研究動向(2)(神戸大学 寺田 努) 資料はこちら
  • 行動認識に関するチュートリアル・デモ(神戸大学 村尾和哉) 資料はこちら
  • HASC Tool を使った行動識別(名古屋大学 小川延宏) 資料はこちら
  • HASC Tool の構成、プログラミング(名古屋大学 岩崎陽平) 資料はこちら
  • まとめ・HASC Challenge 2010 へのお誘い(名古屋大学 河口信夫) 資料はこちら
  • ストリーミング資料はこちら
ページのトップへ戻る