English Page

HC Sympo: HASC Challenge シンポジウム 2012/01/11

テーマ:~人間行動理解のための装着型センサによる大規模データベースの構築~

装着型センサを用いた人間行動理解は,幅広い応用が期待できる分野ですが, 音声や画像分野のようにデータベースやツールが十分に整備されているとはいえません。 人間行動センシングコンソーシアム(HASC)では,人間行動理解に関する研究開発を加速し、 日本が世界をリードするデバイス開発やサービス提供を実現するために、HASC Challenge2011 を開催いたしました。

HASC Challengeは,複数の参加者の協力を通じ、人間行動センシングのためのデータ 収集技術の獲得,特徴量・アルゴリズムの開拓,および,アルゴリズム・ツールの標準化を 目指した技術チャレンジです。本シンポジウムでは,HASC Challengeの成果発表を行うと共に, 今後の行動理解分野の研究の進展や議論を深めるため議論を行いたいと思います。

行動理解・行動センシング分野に興味のある方は,ぜひご参加ください。 なお、本シンポジウムは、午前は、主に HASC Challenge2011 参加者を中心として, 課題について話し合うワークショップを開催し(参加は自由です)、午後に,広く一般の方も含めて シンポジウムを行ないます。

日時・会場

日時:平成2012年01月11日(水)

  • 10:00--12:00 (HC2911 ワークショップ)
  • 13:30--17:00 (HC2011 シンポジウム)

会場:慶応大学 三田キャンパス 北館 ホール

http://www.keio.ac.jp/ja/access/mita.html


定員: 260名

参加費:無料

  • 参加される方は、sympo[at]hasc.jp([at]は@に置き換えてください)まで、
    • 所属, 肩書き(身分), 氏名
    • 参加区分:午前,午後,終日

タイムテーブル

9:45
開場/受付
10:00
ワークショップ開会
10:00-12:00
HASC Challege 2011 参加者発表(+ディスカッション)
  • HASC Challenge 2010/2011に参加して (千葉工業大学 屋代智之)
  • Challenge 1提出にあたっての取り組み (神奈川工科大学 河本賢治)
  • 携帯電話を用いた行動認識における格納場所の違いによる認識精度への影響に関する調査 (東京農工大学 河内智志)
  • 異なる識別器間の協調学習を用いた手動ラベル付け無し行動認識 (名古屋大学 伊藤義浩)
  • 複数センサを用いた屋内細粒度行動認識の自動化 (立命館大学 藤井陽光)
  • イベントベースによるセンサデータ収集ツール (立命館大学 里中裕輔)
  • 加速度センサを用いたエレベータ区間検出と移動距離推定 (名古屋大学 楊天輝)
12:00-13:30
休憩
13:30
HASC Challenge シンポジウム 開会
13:30-14:00
講演1「大規模行動データベース収集を目指す HASC Challenge と将来展望」
  • 河口信夫 (HASC Challenge2010 実行委員長/名古屋大学)
14:00-14:30
講演2「超個人特化された屋内行動認識の自動化」
  • 西尾信彦 (立命館大学)
14:30-15:00
講演3「ウェアラブルセンシングを活用したジェスチャ・状況認識技術について」
  • 寺田努 (神戸大学)
15:00-15:30
休憩
15:30-16:00
講演4:「看護行動における行動センシングへの取り組み」
  • 井上創造 (九州工業大学)
16:00-17:30
HASC Challenge 2011 開催報告・表彰
  • 「HASC Challenge 2011 行動データ収集状況の報告」小川延宏 (名古屋大学)
  • 表彰
16:30-17:30
HASC ディスカッション
  • 運営委員、HC2011 参加者、会場参加の皆様で、行動認識の未来について HASC の将来について議論をしたいと思います。よろしくお願いします。
17:30
閉会

HASC Challenge 2011 に関する問い合わせ

HASC Challenge 2011関するご質問のある方は、sympo[at]hasc.jp ([at]は@に置き換えてください)にご連絡ください。

ページのトップへ戻る