English Page

HASC Logger

HASC Loggerは、http://hasc.jp/での「人間行動センシング」を行うための行動センシングデータ収集サポートツールです。hasc.jpが提供する、HASC Toolを利用すれば、リアルタイムでの行動データの収集が可能です。また、センシングされた情報は端末に保存されるため、後からアップロードすることも可能です。HASC LoggerはiTunes Storeから入手可能です。尚、HASC LoggerはiPhone版の他にAndorid版もあります。

利用手順

設定画面の開き方

HASC Loggerの設定は、iPhone,iPod touchのホーム画面にある設定アプリケーション内のHASC Loggerから行います。HASC Loggerの設定画面は、下記の順番で開くことができます。

iPhone,iPod touch ホーム画面 設定アプリケーション画面

iPhone,iPod touch ホーム画面 → 設定 → HASC Logger設定

設定画面の説明

 HASC Loggerの設定画面では以下の要素を設定することができます。

  • 収集データ(対象:位置、地磁気、加速度、角速度)
  • サンプリングレート(対象:加速度、角速度)
  • データ収集時間
  • センサデータのリアルタイム転送先
  • 収集データの転送先 (HASC Toolとの連携)

HASC Logger設定画面1 HASC Logger設定画面2

HASC Logger 設定画面


各設定項目の説明

  • Location: 位置情報(3軸)
  • Heading (Magnetic): 地磁気(3軸)
  • Acceleration: 加速度情報(3軸)
  • Acceleration S.Rate(Hz): サンプリングレート(加速度情報)
  • Gyro: 角速度情報(3軸)
  • Gyro S.Rate(Hz): サンプリングレート(角速度情報)
  • Logging Duration(sec): データ収集開始から停止するまでの時間。0秒に設定すると、ストップボタンを押すまでデータ収集を続けます。
  • Send to Network: センサデータのリアルタイム送信
  • IP:Port: HASC Toolを動かしているPCのIPアドレス+ポート番号6666を設定
     ex)HASC Toolを動かしているPCのIPアドレスが192.168.100.10の場合:192.168.100.10:6666
  • Server URL: "http://" + HASC Toolを動かしているPCのIPアドレス+":"+ポート番号+"/"
     ex)HASC Toolを動かしているPCのIPアドレスが192.168.200.20でポートを80(HASC Tool側で設定)に設定した場合:http://192.168.200.20:80/

データ収集手順

起動画面

HASC Logger起動画面

 HASC Loggerを起動すると、上記の画面が表示されます。ここから以下のページに移動できます。

  • Log List : Logリスト一覧画面
  • New Log : 新規データ収集

Log List

Log List

 Logリストでは、今までに収集したデータの一覧が表示されます。 各Logの名前は、Logを作成した日時(年月日-時分秒)となっています。Logを選択すると、データ収集の設定画面に移動します。

データ収集の設定画面

データ収集設定画面

 本画面では、データ収集の開始、メタ情報の設定、アップロード、削除、収集データの閲覧、加速度データの閲覧、角速度データの閲覧をすることができます。

  • データ収集開始ボタン
    • Start Sensing After Delay: ボタンを押してから、5秒後にデータ収集を開始
    • Start Sensing Immediately: ボタンを押してから、すぐにデータ収集を開始
  • Metadata: メタ情報の設定画面に移動
  • Upload: 収集データのアップロード(アップロード先: HASC Tool)
  • Delete: 収集したデータの削除
  • Raw: 収集データの閲覧
  • Acc: 加速度データの閲覧
  • Gyro: 角速度データの閲覧

メタデータの設定

メタデータの設定画面では、収集データにコメントと、タグを付与することができます。コメント欄には、自由にコメントを書くことができます。タグ欄には、リストからタグを選択・追加することができます。また、直接タグを書き込むこともできます。直接メタデータを書き込む場合は、カンマ","でタグを区切ってください。

メタデータ設定画面

データの収集

データ収集の設定画面内の、データ収集開始ボタンを押すことによって、データ収集が開始されます。データ収集中は、現在のセンサ情報が表示されます。データ収集を終了するには、Stop Sensingボタンを押すことで停止することができます。また、HASC Loggerの設定内のLogging Durationで、データ収集時間を設定しておくと、指定時間が経過すると自動的に停止します。

データ収集中の画面

収集データの表示

収集データの表示画面では、収集したデータが表示されます。収集データは以下の形式に従っています。

日時 センサの種類
時間(sec)、センサ情報1、センサ情報2、...

収集データの観覧画面

収集データのアップロード

データのアップロードボタンを押すと、確認画面が表示されます。HASC Loggerは、データをアップロードする際、センサデータとメタデータに加え、端末IDが送信されます。データをアップロードする際には、事前にHASC LoggerとHASC Logger Serverの設定を行ってください。

データ転送確認画面

ページのトップへ戻る