English Page
  • HASC Toolとサンプルデータは以下のリンクから取得できます。
    ダウンロード

HASC2010corpusについて

HASC Challenge 2010では, 20グループが行動データ収集に参加しました。 結果、被験者540名分(うち96名分はデータが一通りそろっている)、総ファイル数6791、収集データサイズ966Mbytes 規模のデータが収集されました。 収集の際に主に用いられていたセンサデバイスは、 iPhone、iPod Touch、WAA-series (ATR)でした.

データ形式

 HASCでは、加速度データ(*.csv)、メタデータ(*.meta)、ラベルデータ(*.label)の3種類のデータ形式を扱う。

学習データ

  • 対象とする行動:『静止(直立)』『歩行』『ジョギング』『スキップ』『階段を上る』『階段を下りる』の6種類
    『スキップ』についてはこちらを参考にしてください。
  • 1回の計測時間: 20秒
  • 1人あたりの計測回数: 5セット
  • 必要データ: 5人分
  • 加速度データ(*.csv)+メタデータ(*.meta)の提出
  • ファイル名は半角英数字で、1計測毎にユニークな名前をつけてください。
    例.hasc_walk1.csv , hasc_walk1.meta , hasc_jog2*.csv , hasc_jog2.meta

シーケンスデータ

  • 全行動が含まれた行動データ
  • ひとつの行動は5秒以上続けなければいけない
  • 1回の計測時間: 120秒
  • 1人あたりの計測回数: 1セット
  • 必要データ: 5人分
  • 加速度データ(*.csv)+メタデータ(*.meta)+ラベルデータ(*.label)の提出
  • 可能ならシーケンスの様子のビデオをつけてください(後ろ姿でもOK)
  • ファイル名は半角英数字で、1計測毎にユニークな名前をつけてください。
    例.hasc_test1.csv , hasc_test1.meta , hasc_test1.label

学習データ,シーケンスデータの

文字は全て半角英数字を使用してください

加速度データ(*.csv)

データの構成

  • csv形式
  • [時刻(sec)],[X軸(G)],[Y軸(G)],[Z軸(G)]
    1.0(G)≒9.80665(m/s2)
  • 学習データ:20秒分,シーケンスデータ:120秒分
  • サンプリングレート:10~100(Hz)

メタデータ(*.meta)

データの要素

以下の項目に関する情報が必ず入っている必要があります。
要素を追加してください。 また、必須要素に書かれていない"TheNumberOfSteps", "Pace(cm)", "HeightOfOneStairStep(cm)"等のメタ情報を追加ししていただいても構いません。 もちろん、上記の例以外の要素を追加していただいても構いません。
今後の参考にさせていただきます
(氏名などの、個人情報は、なるべく要素としないようにしてください)
コロン(:)や、セミコロン(;)は、半角でお願いします

    <<必須要素>>

  • TerminalType
    使用デバイスに関する情報をセミコロン(;)で区切って記述する
    メーカ情報;デバイス情報;OS情報;その他情報という形式で記述して下さい
    ex) TerminalType: ATR;WAA001
    ex2)TerminalType: Apple;iPod touch 3G;iOS 4.0

  • Frequency(Hz)
    10~100Hzの中から選択
    ex) Frequency: 50

  • Activity
    sequence , stay , walk , jog , skip , stUp , stDownの中から選択
    ex) Activity: stDown

  • Gender
    ex) Gender: male

  • Height(cm)
    健康診断結果の使用を推奨します
    ex) Height(cm): 172

  • Weight(kg)
    健康診断結果の使用を推奨します
    ex) Weight(kg): 63

  • Shoes
    Shoesの状態に応じてhard,soft等の情報を追加してください。
    ex) Shoes: sneakers
    ex2)Shoes: leather shoes
    ex3)Shoes: mule;hard

  • Floor
    Floorの状態に応じてhard,soft等の情報を追加してください。
    ex) Floor: asphalt
    ex2)Floor: carpet;soft

  • Place
    ex) Place: outdoor

  • TerminalPosition
    センサデバイス取り付け位置に関する情報を記入してください。 HC2010では、センサデバイスの取り付け方法、取り付け部位は自由としました。
    ex) TerminalPosition: waist;pocket;right
    ex2)TerminalPosition: waist;strap
    ex3)TerminalPosition: hand;left

  • TerminalMount
    センサ取り付け状態を記入してください。 fixed , freeのどちらかを選択
    • fix:センサの可動範囲が、装着部位に対して3cm程度以内,センサの傾きの幅が15度以内
      ex) センサが体に固定バンドで装着されている状態
    • free:固定条件を満たしていない場合
      ex) センサをズボンのポケットに入れて計測
    ex) TerminalMount: free

データの構成

メタデータの構成は以下の形式で統一してください

key: value

文字は全て半角英語を使用してください
valueが複数ある場合は、セミコロン";"でvalueを区切ってください
コロン(:)や、セミコロン(;)は、半角でお願いします


ラベルデータ(*.label)

ラベルデータ作成方法については、チュートリアルのページのHASC Toolを使ったラベリングの項目を参照してください。

データの構成

1行目

ラベルデータが対象としているcsvデータの絶対パスを記述してください。(下図参照)

2行目以降

  • csv形式
  • [開始時刻(sec)],[終了時刻(sec)],[Activity]
    ex)
    24193510,2419351920,walk
    24193520,2419351925,stay
    24193525,2419351940,stUp

提出フォルダの構成

  • 参加登録確認メールにエントリー番号が記載されているので、entry+エントリー番号を提出フォルダ名としてください
    (例)エントリー番号が02の場合:entry02
  • 提出フォルダの中に、行動毎の指定フォルダ名リストを参考に、行動フォルダを作成してください

    <<行動毎の指定フォルダ名リスト>>

    • シーケンス:0_sequence
    • 静止:1_stay
    • 歩く:2_walk
    • ジョギング:3_jog
    • スキップ:4_skip
    • 階段を上る:5_stUp
    • 階段を下りる:6_stDown

  • 行動フォルダの中に、行動者フォルダ名リストを参考に、行動者フォルダを作成してください
  • <<行動者フォルダ名リスト>>

    • 1人目:person_1
    • 2人目:person_2
    • 3人目:person_3
    • 4人目:person_4
    • 5人目:person_5

  • 行動者フォルダの中に、学習データ(5セット)orシーケンスデータ(1セット)を保存してください
    • 学習データの場合:加速度データ,メタデータが5つずつあります
    • 1計測毎に、加速度データ(.csv)、メタデータ(.meta)の各ファイルの名前を統一してください(下図参照)

    • 学習データの保存例(画像中では2セット分入ってます)


    • シーケンスデータの場合:加速度データ,メタデータ,ラベルデータが1つずつあります
    • 1計測毎に、加速度データ(.csv)、メタデータ(.meta)、ラベルデータ(.label)の各ファイルの名前を統一してください(下図参照)


    • シーケンスデータの保存例(画像中では2セット分入ってます)

HASC2010corpusの利用条件

  • HASC2010corpusの利用者(以下、利用者)は、 人間行動センシングコンソーシアム(以下、HASC) によってその利用を許諾される。
  • 利用者が、研究発表を行う際には"HASC2010corpus"の文字を論文・発表中に記載すること。
  • 商用目的で、HASC2010corpusを利用する際には、利用者は原則として、"HASC2010corpus" もしくは"HASC"を記載しなければいけない。
  • 上記の要件を満たさずに、商用目的で、HASC2010corpusを利用する場合、利用者は、HASC事務局まで、その商品等に関する情報を連絡しなければいけない。
  • 2次配布・利用は原則として禁止する。

ダウンロード

HASC Challenge で利用可能なツール、データ等をここから提供します。

HASC Tool

HASC Tool の利用には JRE (Java Runtime Environment 1.6 以降) が必要です。 HASC Tool は以下のリストからダウンロード可能です。

Sample Data Project

Sample Data Project には、サンプルデータとHASCXBDファイルが含まれています。 サンプルデータ、被験者7名に対し、複数のセンサデバイス iPhone / iPod Touch / ATR WAA-001(一部のみ)を用い、100Hzサンプリングで、 6種の行動データ、および、シーケンスデータを集めたものです。 HASCXBD file はブロック図をファイル化したものであり、このファイルを活用することで、行動データ処理の流れを視覚的に編集・保存することが可能となります。

ページのトップへ戻る